藤沢のカイロプラクティック  | 腰痛、頭痛、しびれ、脊柱管、めまい、自律神経  |  藤沢駅4分

上半身の姿勢異常


上位交差症候群

 
神経の大きな役割の1つは筋肉の調整です。そして痛みや痺れ、だるさや何となく調子が悪いなどの身体症状は、直接もしくは間接的に筋肉の影響を大きく受けます。多くの身体症状は筋肉の非効率的な使い方によって起こる場合が多いです。プロジェクトチームが無駄の多い進め方をし、過剰労働を強いられているような状態です。
 
ということは、筋肉のアンバランスが身体にもたらす影響は計り知れないことになります。多くの時間を筋肉がアンバランスな状態で活動していれば、身体への負担は増え、不調を生み出し、やがて痛みや痺れなどの症状を救命信号として表すようになるでしょう。
 
首肩の不調で多く見られるのが、上位交差症候群(Upper-Crossed Syndrome) です。他にも下位交差症候群や層状症候群などもありますが、今回は上半身のタイプを紹介します。
 
 
 

特徴的な姿勢は?


頭が前にでて顎が上がります

 
鎌倉 整体

上位交差症候群は、主に横から見た首と肩のアンバランスのことを言います。肩の端にある骨の出っ張りと外耳(耳の穴)は地面に対して垂直に位置しているのが正常と言われています。気をつけて周囲を見ると、意外と多くの方の外耳が肩の骨より前に行っている事に気付かれると思います。つまり猫背です。
 
ボーリング程の重さがある頭が然るべきところにない為、それを支える為のしわ寄せは首の筋肉の過剰労働となります。首の筋肉は不満を募らせて頭痛が起こしたり、八つ当たりして背中や腕に痛みを出したりします。そんな状態が長年続くと、変形性関節症など元に戻れないくらいの軋轢も起きてしまいます。
 
 
 

どんな原因で?


痛みやストレスに対する防衛反応で筋肉が緊張します

不良姿勢2

根本的な原因は単純かもしれません。怪我や痛みに対する防御反応やストレス、関節の問題、日常動作や運動での癖でも起こります。また、この状態は子供に多くみられるようです(子供の頃からの状態が大人になっても続くようです)。
これは身体の発達と関係があるのか、または姿勢をあまり注意されなくなってきている文明病でしょうか?
 
余談ですが、疲労を全く感じないのも注意が必要です。これは身体は疲れの信号を送っているのに感覚が鈍感になって感じにくく、結果疲労を溜め込んでしまい、将来的に身体の許容量を超えて症状が表れる可能性があります。
 
また、身体には適度な刺激が必要です。身体を使わないでいると身体はどんどん弱っていきます。姿勢の問題や個々に合った適切な運動指導に興味のある方は、いつでも メール相談よりお問い合わせ下さい。
 
 
 

どんな症状が関係してますか?


慢性的な頭痛や頚肩こり、手の痺れなどに関係しています

鎌倉の頭痛整体

頭と頚の付け根にはいくつかの小さいけれど、とても大切な働きをしている筋肉があります。この筋肉は、後頭骨と第1、第2頚椎を結びつけて頭の位置を適切に多持ち続ける役割を持っています。
 
特に小後頭直筋と呼ばれるとても小さな筋肉には、筋紡錘という筋肉センサーがとてもたくさんついていて、体が動いても、頭が一定の位置をとり続けることができるように情報を送り続けています。上位交差症候群では、この筋肉がたるんでしまい、正確な情報を送らなくなっています(McPartland et al.)。
 
その結果、表層にある大きな筋肉が異常に緊張をするようになり、それが慢性的な頚肩こりや頭痛を引き起こす要因となります。また、目の動きにも影響を与えて、動体視力が落ちたり、眼精疲労の原因になることもあります。
 
さらには、なんと太腿の後ろにあるハムストリングスと呼ばれるふとい筋肉も緊張を起こすことが分かりました。これは、後頭部の筋肉とハムストリングスが協調して動いているからです。ハムストリングスが緊張すると、骨盤が後ろに傾いて腰椎の前屈を妨げるようになります。その状態は、腰痛になりやすい姿勢であるといえます。
 
 
 

カイロプラクティックではどのように改善しますか?


神経の働きを整えて筋アンバランスを正常化します

 

鎌倉整体

それを解決する方法は、この悪循環を断って本来の効率の良い姿勢・動きに変えていく事です。 単純な痛みやストレスへの対処ではこの悪循環は断ち切れず、その場しのぎになり、すぐに元通りです。 包括的なアプローチが必要で、下記のような高い知識と技術が求められます。
 
1)問題を見つける知識と検査技術
2)各関節の正常な機能を取り戻すテクニック
3)筋アンバランスを改善するテクニック
4)痛みやストレスが強い時の効果的な対処法
 
この状態が見られる方の身体は上位交差症候群を覚えてしまっている事が多い為、仮に原因が分かってもそれだけを取り除くのでは不十分です。もちろん疲れている筋肉達にマッサージなどのご褒美をあげてもダメです。ダメというより、その場の気持ち良さだけですぐまた戻ってきてしまい、毎週ご褒美が必要になります。
 
凝っていない筋肉達は妬んで仕事をさぼるかもしれません。関節・筋肉・神経に対する総合的アプローチを積極的に行っていく事が必要です。望む生活を支障なく送る事を目的とするプロジェクトチームに、気持ち良く不満なく活動出来る環境を作りましょう。
 
ウイケアではカイロプラクティックを基本として姿勢改善をします。個々が生まれ持った自然治癒力を最大限に発揮する事を目的としたカイロプラクティックに、痛みやストレスを考慮し、さらに「身体の悪い癖」を治す為に出来る事を一人一人の方と話し合って決めていきます。
ご質問がありましたら、質問フォーム
よりいつでもご連絡下さい。