脊柱管狭窄症・頚椎症・椎間板ヘルニアで神奈川全域より来院者多数。JR藤沢駅徒歩4分ダイエーそば

どんな効果が?

脊柱管狭窄の症状を治療する


 
高価でリスクを伴う手術か、安全で廉価な代替療法か?

 

  • 脊柱管狭窄症は、病院では手術を勧められることが多い病気です。しかし、手術はより複雑になり、リスクも大きく、費用も高いものになってきています。それで治ればよいのですが、その効果は従来の単純な手術と比べてもさほど高くはないかもしれないと言われます。
  •  

 

  • そこで手術を決める前に、安全で廉価な代替療法として当院の治療を選択肢のひとつに考えてみませんか。

 
まずは6週間、お時間を下さい。そのあいだに最善の治療を施しますので、効果を見た上で手術するかどうかを決めても遅くはないと思います。
※緊急に手術を要する診断を受けているものを除きます。
 


脊柱管内での神経の滑りをよくする方法で安全に治療します

 

  • では、当院ではどのように治療していくのかを説明します。
  • これまでの治療経験から、綿密な検査の上で決定した特定の動きを脊柱にさせることで、脊柱管狭窄症を和らげることができるのがわかりました。これは痛みや痺れが神経圧迫よりは、むしろ神経が背骨の中をうまく動くことができなくなって起きているためではないかと考えています。
  •  
  • そこで当治療院では「脊柱内で神経を滑らせて動かす」方法を開発しました。この方法は、欧米諸国の病院などで行われている「神経モビライゼーション」という安全で効果的な方法を改良したものです。
  •  

カイロプラクティックで根本的な問題を治療します

 

  • カイロプラクティックは、脊柱を整えて神経の働きをよくします。脊柱管狭窄症は、手術で脊髄の圧迫を取り除いても、痛みや痺れが取れなかったり、一時的だったりすることがあります。それは、もともと脊柱自体にゆがみがあって、神経の働きが根本的に悪くなっていたためだと考えています。
  •  
  • 脊柱管狭窄症の痛みや痺れは、脊柱の中で神経が圧迫されるためだとされています。たしかに重度のものだと神経圧迫が主な原因となります。しかし、その場合は神経麻痺が少なからず見られるはず。実際には、かなり痛みや痺れを強く感じていても、麻痺は起きていないケースがほとんど。このときカイロプラクティックが役に立つ可能性があります。
  •  
  • カイロプラクティックで脊柱全体を整えて、根本的な神経の働きを改善することは、脊柱管狭窄症の痺れにも効果的だと考えています。
  •  

ふたつの治療で相乗効果が期待されます

 

  • 当治療院独自の神経滑走法とカイロプラクティックが、それぞれ脊柱管狭窄症の症状に効果があることは、これまでの治療経験と海外の研究が示しています。そこで両者を組み合わせた治療を施すことで相乗効果を期待します。
  •  
  • 当院でこの方法を受けられて、数回の施術で改善しはじめることが多く、その後も継続的に受けることで徐々に歩ける時間や距離も増えて良くなることが期待できます。
  •  
  • 一定の改善が見られれば、2週、3週と間隔を開けても楽な状態が維持できるようになります。

 
 
カイロプラクティックによる脊柱管狭窄症治療をご希望の方は、まずはメール無料診断かお電話でのご相談を。
 


カイロプラクティック

  • カイロプラクティックは、脊柱を整えて神経の流れを良くし、自律神経の働きも改善されるため血行が良くなります。脊柱管狭窄症の治療も、世界各国のカイロプラクティック研究機関でされています。
  • 当院で治療にあたるカイロプラクターは、全員がカイロプラクティック専門大学を卒業し、1年以上の研修を積んだプロフェッショナルです。安全で効果的な治療ができる技術と知識をしっかり身につけています。

 

神経滑走法

  • 脊柱管のなかで痛みなく脊髄や神経が滑ることができるよう、特定の方向に動きをつけます。その方向は人によって異なるため、詳細な検査が必要です。
  •