藤沢のカイロプラクティック  | 腰痛、頭痛、しびれ、脊柱管、めまい、自律神経  |  藤沢駅4分

脊柱ケアの実例


これまで当院で実際に治療したカイロプラクティック治療ケースをご紹介します。


ケース1 
両足がしびれて台所仕事ができませんでしたが、治療してから次第にしびれるまでの時間が長くなり、台所にも立てるようになりました。(50代女性)

 

  • 10分以上立っていたり歩くと、両足の裏まで痺れがきて立っていられなくなったという女性の患者さんです。初回の検査では30秒立つだけで痺れを感じ始めました。

 

  • 腰椎をさまざまな方向に動かすテストを行い、痺れが改善する方向を見つけることができたため脊髄滑走法とカイロプラクティックを施したところ、3回目以降すこしづつですがしびれるまでの時間が少なくなり始めました。

 

  • 両足がしびれる脊柱管狭窄症の症状改善は難しいとされますが、幸いこのケースではテストで改善方向を見つけることができました。このようにテストに合格すれば、治療の効果が十分期待できます。

 

  • 手術しなくてはダメかしら、とあきらめる前に当院の治療を受けて頂けてよかったと思います。

ケース2
途中で足が痛くなるので、近所のスーパーまで買い物に行けなくなってしまいました。3ヶ月の治療で歩くのが苦にならなくなりました。(60代女性)

 
 

片側の足だけ痛むようなケースは、脊柱管の外側で変形した背骨が神経根を障害する外側脊柱管狭窄症がほとんどです。このケースでは、しばらく歩くと足に痛みがでて休まないと歩けない間歇性跛行が顕著に見られました。
 
テストで改善方向が見つかったため、カイロプラクティックでその方向に背骨を調整したところ、次第に痛みが少なくなりました。最終的には旅行に行けるまでに改善して喜んで頂けました。


ケース3

 

両足の痛みで介助なしに歩くことが困難でしたが、いまでは横浜までひとりで習い事に行けるようになりました。(60代女性)

両側の股関節を人工のものに取り替える手術をされていた方でした。歩くと痛みが強くなってびっこを引くような状態になったため、病院で診断を受けた結果、脊柱管狭窄による神経圧迫の所見がみつかりました。
 
当院でテストをした結果、屈曲と側屈の組み合わせによる改善方向がみつかると供に、手術の影響と思われる股関節が関与する痛みの所見があったため、狭窄症に対する処置と股関節の治療を同時進行で行いました。治療を重ねるごとに、少しずつ症状の改善が見られ、2ヶ月経つ頃にはかなりの時間を歩くことができるようになりました。
 
脊柱以外の問題を複合的に抱えている場合、状態把握が難しくなりますが、長年の経験を活かすことができたケースでした。


ケース4

 

長年の立ち仕事でたびたび腰痛を繰り返していたが、1年前から歩くと両足に痺れがでて最近では10分続けて歩くのは辛くなりました。(60代男性)

 
若い頃から腰痛持ちで、何度もぎっくり腰で動けなくなったことがあるという方でした。画像診断では強い脊柱管の狭窄がありました。前屈みにしていれば痺れは少ないのですが、こんどは腰が痛くなってどうしようもないということでした。
 
テストでは痺れと痛みを療法改善する方向を見つけることができなかったため、短期間での改善は難しいと思われると正直に話しました。仕事に早く復帰したいということで、うまくいけば手術が一番早い手段だという担当医師の判断で手術をされました。その結果、幸い足の痺れがとれ、歩くことができるようになりました。
 
難しいと思われるケースでは、自分の治療にとらわれずあらゆる可能性を患者さんと共に考えるのもカイロプラクターの使命だと思います。


カイロプラクティックによる脊柱ケアをご希望の方は、まずはメール無料診断かお電話でのご相談を。