藤沢 腰痛 カイロプラクティック

椎間板と腰痛

 
腰痛でMRIをとり、「椎間板の異常」が見つかった。しかしその腰痛は、椎間板に起因するものなのでしょうか。ここでは、椎間板と腰痛の関係を解説します。
 
 
MRIでは腰痛の原因はわからない?
 
MRIによる画像診断の発達で、椎間板の変化を観察できる時代になりました。腰痛を訴える方がMRIを受け、椎間板が飛び出たりや椎間板変性などの形態的異常を発見されることもあります。さて、ではこうした椎間板の形態異常が、果たしてこの方たちにとって真の腰痛の原因なのでしょうか。
 
腰痛持ちで椎間板に異常がある人がカイロプラクティックを受け、腰痛がなくなったあと、再びMRIを受けたら画像上の変化は全くなかったということでした。またMRIを他の理由で受け、たまたま腰椎椎間板の異常が見つかったが、腰痛持ちではないという人も多く存在します。
こうした画像上の形態異常と腰痛の関係を研究したものに、次のようなものがあります。
 
Spin 27,P125-134 2002
Elfering A. et al.
Risk factors for lumber disc degeneration ;A 5-year Prospective MRI study in Asymptomatic individuals.
 
この研究では、調査開始時では腰痛のない人に対し、その後の5年間で起こる椎間板の変化をMRIでチェックしました。また、その人達が腰痛を起した割合を調べました。結果は、椎間板が変化した人達のほうが、変化しなかった人達より腰痛を起こす割合が小さいことが分かりました。つまり、椎間板が異常を起こしてもそれが必ずしも腰痛の原因にはならないということです。

 
 

椎間板は腰痛と無関係なの?

腰痛を起こした人が、病院でMRIを撮ってもらったところ、椎間板に異常が見つかるのはよくあります。しかし、この研究結果を見ると、それが腰痛の原因であるかどうかは、それだけでは分かりません。同様に、脊椎すべり症や分離症、その他脊椎の奇形などが見つかることもときにはありますが、いずれもそれと腰痛を関連づけることは、レントゲンやMRIだけではできないと考えた方がよいでしょう。
 
 
では、腰痛と椎間板がなんにも関係がないのかというと、そうではありません。先の研究で腰痛が起きた人のうち、椎間板の変化に腰痛が伴う人もいるわけです。そうした中には、椎間板を原因とする腰痛も存在すると考えられます。それをどうやって見分けるのか、椎間板を原因とする腰痛を見つけるためのゴールドスタンダードとなる検査があればよいのですが、残念ながら現在はないようです。
 
そこでカイロプラクティックでは、痛みの起こり方や性質など、腰痛に関して詳しく聞き、さらに痛みがどのような力学的なストレスを加えると誘発されるのかを調べ、それらの情報を総合して椎間板が腰痛に関係しているかどうか仮説を立てます。その仮説に基づいてケアをおこない、その結果症状が改善されれば仮説が検証されたとして、どうも椎間板を原因とした腰痛だったようだと判断します。

 
椎間板が異常を起こすのはなぜ?

 

椎間板がなぜ異常を起こすのか、最近の研究では、椎間板を正常に保つ働きのあるコラーゲンを作る遺伝子の働き具合が人によって違うことがわかりました。そして、椎間板の異常を起こした患者の椎間板は、実際にそのコラーゲンが少ないことが確認されたということです。同じ条件下でも、人によって椎間板の変化に違いがあるのは、こうした遺伝子が関わっているようです。
 
 


What is chiropractic?

カイロってなに?

 
 整体と混同されることが多いカイロプラクティックは、米国では100年以上の歴史があるヘルスケアです。現在、カナダ、スイス、イギリス、オーストラリア、オランダなど世界各国で正規の医療として法制化され、世界中の人々の健康に貢献しています。日本ではまだ法制化されていないため、整体同様に正規に医療行為として行うことはできませんが、脊椎への手技を中心として施術し、筋骨格系を整え、神経を働きやすくすることでケアをしていきます。整体とは異なる考え方で効果を引き出すカイロをご理解いただければと思います。
 

〈copyrighit by 藤沢市の整体 /カイロ ウイケアカイロ〉

腰痛の一般的な知識をまとめてみました。
LinkIcon詳細をみる

アメリカでは、カイロプラクティックは腰痛に対するポビュラーなヘルスケアです。しかし日本では、まだ認知度が低いようです。そこで、カイロプラクティックでは腰痛をどうケアしていくのかを解説していきます。
LinkIcon詳細を見る

カイロプラクティックの腰痛に対する効果を、医学的に研究した事例を紹介します。ニュースソースは主に「Medline」という世界中から医学研究論文を集めたデータベースからの抜粋です。
LinkIcon詳細を見る

腰痛でMRIをとり、椎間板の異常が見つかった。しかしその腰痛は、椎間板に起因するものなのでしょうか。ここでは、椎間板と腰痛の関係を解説します。
LinkIcon詳細を見る

腰痛を引き起こす疾患もない、腰自体に痛みを引き起こすような機械的トラブルもみつからない、なのにいつも腰が痛い。そんなとき、心理社会的な要因も、腰痛を起こす要素として考える必要があります。ここでは、心理社会的要因による腰痛を解説します。
LinkIcon詳細を見る

米国内科学会(ACP)と米国疼痛学会(APS)は、原因不明な腰痛に対し、MRIやCTなどの画像診断や他の診断検査をルーティーン(日常的)に実施すべきではないとする新しい合同ガイドラインを発表した。
LinkIcon詳細を見る

旧来、ぎっくり腰で痛い間はできるだけ安静にしていましょう、というのが常識でした。しかし、本当にそうなのでしょうか。ここでは、安静と活動、どちらをとったらよいのか実験した研究をご紹介します。
LinkIcon詳細を見る

椎間板が異常になると、頭に浮かぶのが「手術しなくちゃいけないの?」という疑問です。ここでは、どんなケースで手術を考えるか、判断材料として、腰痛先進国アメリカの椎間板手術ガイドラインをふたつ、ご紹介します。また、椎間板が時間とともにどうなっていくのかを簡単に説明します。
LinkIcon詳細を見る

十分な睡眠と休息は、腰痛の予防や回復にとても大切です。寝不足や睡眠の質が悪い人と腰痛の関係をみると、正の相関関係があるようです。
LinkIcon詳細を見る

EBM