藤沢 腰痛 カイロプラクティック

 マッケンジーメソッド       


  • ━━マッケンジー法について
    • 腰痛治療としてマスコミなどで取り上げられる機会が増えたマッケンジー法ですが、「腰を伸ばして腰痛を治すエクササイズ」という誤解があるようです。マッケンジーメソッドの本質は、「良くなる運動方向を見つける」運動テストにあります。ウイケアでは、アメリカのカイロプラクターで国際マッケンジー協会会員のDr.Gary Jacob DC,Lac,MPH,DipMTDの指導で10年以上前からマッケンジーメソッドを治療に取り入れて効果を上げています。とくに、急性腰痛(ぎっくり腰)および坐骨神経痛の治療には正確な判断基準を与えられ、ムダのない的確なケアを行うことができるようになりました。

  • ウイケアの腰痛に対するマッケンジーメソッドは、施術をしてもらうという受け身のケアから、患者さんが積極的に参加する積極参加型ケアに移行を促すものです。
  • 初期の段階から腰痛患者さん自身が身体を動かすことで、背骨を安定させ、カイロケアの腰痛改善効果を増大させてくれます。


部分的に治りきらない問題が残っていても、マッケンジー法の腰痛エクササイズによって腰痛のない健康的な活動を取り戻すことが可能となります。
  • ウイケアでは、腰痛ケアの一環としてマッケンジー法を指導しています。また時間のつごうで来院できない方には、電話による腰痛レスキュー電話相談をおこなっています。


腰痛の一般的な知識をまとめてみました。
LinkIcon詳細をみる

アメリカでは、カイロプラクティックは腰痛に対するポビュラーなヘルスケアです。しかし日本では、まだ認知度が低いようです。そこで、カイロプラクティックでは腰痛をどうケアしていくのかを解説していきます。
LinkIcon詳細を見る

カイロプラクティックの腰痛に対する効果を、医学的に研究した事例を紹介します。ニュースソースは主に「Medline」という世界中から医学研究論文を集めたデータベースからの抜粋です。
LinkIcon詳細を見る

腰痛でMRIをとり、椎間板の異常が見つかった。しかしその腰痛は、椎間板に起因するものなのでしょうか。ここでは、椎間板と腰痛の関係を解説します。
LinkIcon詳細を見る

腰痛を引き起こす疾患もない、腰自体に痛みを引き起こすような機械的トラブルもみつからない、なのにいつも腰が痛い。そんなとき、心理社会的な要因も、腰痛を起こす要素として考える必要があります。ここでは、心理社会的要因による腰痛を解説します。
LinkIcon詳細を見る

米国内科学会(ACP)と米国疼痛学会(APS)は、原因不明な腰痛に対し、MRIやCTなどの画像診断や他の診断検査をルーティーン(日常的)に実施すべきではないとする新しい合同ガイドラインを発表した。
LinkIcon詳細を見る

旧来、ぎっくり腰で痛い間はできるだけ安静にしていましょう、というのが常識でした。しかし、本当にそうなのでしょうか。ここでは、安静と活動、どちらをとったらよいのか実験した研究をご紹介します。
LinkIcon詳細を見る

椎間板が異常になると、頭に浮かぶのが「手術しなくちゃいけないの?」という疑問です。ここでは、どんなケースで手術を考えるか、判断材料として、腰痛先進国アメリカの椎間板手術ガイドラインをふたつ、ご紹介します。また、椎間板が時間とともにどうなっていくのかを簡単に説明します。
LinkIcon詳細を見る

十分な睡眠と休息は、腰痛の予防や回復にとても大切です。寝不足や睡眠の質が悪い人と腰痛の関係をみると、正の相関関係があるようです。
LinkIcon詳細を見る

EBM